• HOME
  • 記事
  • analysis
  • 18~24歳世代に聞いた!!Instagramのタイムラインを見なくなったってホント!?

18~24歳世代に聞いた!!Instagramのタイムラインを見なくなったってホント!?

Instagramが文化となり、流行を作り出し、尚且つ拡散させるマーケティング活動に欠かせないツールとなってきた。その中でユーザーにとって日々Instagramの使われ方、価値も変わってきている。認知を目的に必死に商品のInstagramの映え!!な写真を撮って投稿している昨今ですが、果たしてそれが一番効果的なのかを今一度ユーザーの動向から考えていきたい。

18~24歳の女子ってインスタで何してるの?

当社のマーケティングリソースとして一般の女性のコミュニティーやサークルなどの繋がりが数多く、全国的にあります。そういったリソースを活かした弊社独自のアンケートを行いました。

アンケート項目に紐付いて開設していきます。

Q1、Instagramの利用目的は?

堂々の1位は”コスメやファッション、友達などの情報収集”という回答でした。
割と納得の回答なのかなと思っています。例えば、おしゃれなファッショニスタなどをフォローしその人のコーディネートを見たり、コスメのレポなどはInstagramに無数に存在します。ハッシュタグで区切られていたりするので割と検索しやすかったり、リアルな口コミが溜まっています。
SEOで対策された記事よりも若い女子はインスタグラムの口コミを信用すると言われるほどこういった情報を調べている事が多いです。
また基本的には友達をフォローしているので友達の近況がわかるというのはこの時代にかなり合っているかと思います。

また、2位の”友達などとつながりを持つため”という回答は今の若い女子を知ることに置いてかなり重要なファクターとなってきます。
ご自身でインスタグラムをやられている方は実感が湧くかもしれないですが、インスタグラムでフォローしてる友達の半数はあまり会わない友達ではないでしょうか?
かつての高校の友達や大学のサークル友達など会うとしても数ヶ月や年に数回のレベル。
もちろん狭く深くやられている方はそうではないかもしれないですが、あまり会わない友達をフォローしてたり、フォローされてたりする方は多かと思います。
そういった友達の情報が日々入ってくるInstagram。
あの子は今あんなことしてるのか、転勤になったのかなど様々なその人に纏わる情報が更新され自分のタイムラインに表示されます。またリアルな友達以外でも趣味が同じで会ったことがない人と気軽に繋がれ、そこからリアルな友達になっていくという現象も今では当たり前になっています。しかもインスタグラムでは共通の趣味で繋がるためのハッシュタグも存在していて、ハッシュタグを通して友達探しをする時代になってきています。
例えば、
“#旅行好きな人と繋がりたい”というハッシュタグは200万件以上も投稿されていて、旅行が趣味な人はそこで旅行感が合いそうな人や情報収集を行えます。
それほど今の若い世代やインスタグラムユーザーは繋がりを求めているのかもしれません。

Q2、ストーリーズとタイムラインどちらを多く投稿しますか?

圧倒的にストーリーズを投稿する人が多いですね。それは私自身がインスタグラムをやっていてもそう思います。
そもそもストリーズとは24時間で消えるインスタグラム内機能の1つでかなりのユーザーがアクティブに利用しています。こちらの表からもわかる通り、約10倍の差があります。
理由はいくつもありまして、
“インスタ疲れ”という言葉もある通り、Instagramの投稿には画像や動画を一緒に投稿するSNSでオシャレやインスタ映えなどの文化もある通り気軽に投稿するのができなくなってきました。投稿するならオシャレなものという空気感がありそれに対してインスタグラマーのように突き詰められれば別なのですが、一般の方々の投稿ハードルというのが高くなりました。
そしてストリーズは24時間で消えて、特に投稿内容もこだわらなくて良いので気軽に投稿する事ができます。
その他の理由はストーリーズの機能の中に様々な面白い、オシャレ、流行ってるスタンプや加工方法があり、それを使うこともあります。
上記の理由以外にもストーリーズが好まれる理由はありますがここでは割愛させて頂きます。

またストーリーズとタイムライン投稿でどちらが多く観るかという質問にも同じ割合でストリーズの方が圧倒的に多いという結果になっています。
こちらもご自身でInstagramをやられている方は実感しているまたはハッと思わされるかと思いますが、
最近タイムライン投稿している多くは企業やインスタグラマーが圧倒的に多くはないでしょうか?
自分の好きなファッションブランドやコスメブランド、インスタグラマー達は1日1回、または2日に1回ほどのペースで投稿しています。それと共にストーリーズに気軽な投稿をみんなしている分、休みにどこかにお出かけした、旅行に行った、子供が生まれたなどちょっとしたイベントごとがないとあまり投稿しなくなってきました。もちろん使い方は人それぞれなので自分の食べたものを毎日あげる人もいたりと毎日投稿する方もいらっしゃいます。なので自分が企業アカウントやインスタグラマーをフォローしていればですが、そういった投稿が多く流れてくるかと思います。

上記のことから企業アカウントを運用したり、ビジネスで運用していく際はこういったユーザーの特性、インサイトをきちんと把握し運用していかないといけません。

Instagramといえば画像!タイムライン投稿でいかにオシャレでユーザーに認められイイねされてフォロワー化するのか!ではなく、もっとユーザーに寄り添う必要があります。
意外とないがしろにされているのがストーリーズの存在です。もちろん狙っていくユーザー層によって変わってくるのですが多くのユーザーはストーリーズをかなりの数みてます。
弊社のデータだと1日に9回以上インスタグラムを開いていて、その多くはストリーズを視聴しているユーザーが多いというのを忘れないようにしてください。
流行り廃りがありストリーズ投稿も奥が深いのです。
様々なインスタグラマーのストーリーズや成功している企業のアカウントをまずは参考に考えてみてはいかがでしょうか?

ユーザーのインサイトを把握し、それに適した運用を始めるために様々な機能や使われ方を知るのは非常に重要なことなので日々の情報を大切に運用してみてください。


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。