元イタリア代表サッカー選手マルディーニが手がけるスポーツカジュアルブランド【SY32】

元イタリア代表サッカー選手であるクリスチャン・ヴィエリ選手とパオロ・マルディーニ選手が手がけるスポーツカジュアルブランドであるSY32。有名スポーツ選手が手がけるブランドで、日本でも徐々に普及している。そんなSY32のインタビューです。

SY32とは?

イタリアに「SWEET YEARS」というブランドがありまして、世界的に有名なイタリア代表のクリスチャン・ヴィエリ選手とパオロ・マルディーニ選手が立ち上げたブランドです。
SWEET YEARSの日本版ということで、5年前から日本発信で始めたのが「SY32」というブランドになります。
スポーツウェアはもちろん、普段でも着れる服も販売しております。現在はお台場と渋谷に店舗を出し、ECでも販売しております。

Instagramの狙いや目的

目的は認知度を上げることで、いかに露出を増やせるか工夫し運営しております。Instagramの魅力であるハッシュタグを利用することで、色んなところと繋がりを持てるようにしています。最終的にはブランドを知ってもらって、見てもらって、継続的に購入してくれるファンをつくることが一番の目的です。
あとはファンの方々やお客様と接点を常に持てるようにという理由もあり、
いかにお客様とブランドとの距離を近づけるのか、窓口を広げて色んな方に見ていただく機会が増えたらいいなと思っております。

基本的にはお店に来てくださった関係者の方、スポーツをされている方々などアイコンになる方を載せていることが多いです。
商品が入荷した際はブランドイメージに近づけて撮影をしますが人間味のある内容で発信しています。

また、ブランドを運営していく中でブランディングも重要になってきたのでブランディング用のアカウントとお客様と繋がりを持っていくアカウントに分けて2つを運用しています。
ブランディング用のアカウントはイメージカットやブランドの世界観を伝えてれるようなクリエイティブを発信しています。

フォロワーとのコミュニケーション

見てもらうことをメインとしているため、
現在は頻繁にコミュニケーションはとっていません。商品に関するお問い合わせなどはコメントやDMで頂くのですがそれは返すようにしています。今後ストーリーズを利用して情報交換ができる場を設けようか検討しています。
洋服自体がコミュニケーションツールだと思っているのでそれを生かせるようなコミュニケーションを行っていけたらと思っております。

クリエイティブ・ハッシュタグについて

ブランディング用のアカウントはしっかりとロケだったりを行ってプロのカメラマン、モデルを起用して撮影しております。お客様との繋がりを持つアカウントに関しては自分たちでお客様が買ってくれた時やふとした時に撮影しております。そこに具体的なスケジュールやオペレーションはなくある程度自由に行うようにしています。
スタッフの知り合いやお客様の紹介で多くのサッカー選手の方々だったりアイコンとなって頂ける方がSY32のお客様になって頂けているので非常にありがたいです。

実際にInstagramを運用していく中でハッシュタグやフリーワード検索等から、見に来てくれる人が多いです。最近はInstagramを見てお店に来てくださる方が増えました。なのでInstagramの効果は出ているし、お客様との繋がりを持てているのかなと実感しております。

今後の展望について

ニュータイプというもっとイメージを打ち出せるようなアカウントも運用しているのでそちらでブランディングや今後のイメージソースをつくりながら、モノトーンにしてみたりしていきたいです。

Instagramの可能性はまだまだあると思っているのでインスタグラムを基点とした何かをやってみたいと思っています。もっとお客様を巻き込んだ企画やリアルイベントなど様々なSY32をInstagramを通して発信していけたらと思っております。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。